茶畑について

茶畑について、

先日もお伝えさせて頂きましたが、10月の台風で川側一部が流せれ、山側一部も崩れ、軽トラが通れない状態となりました。

また、獣害も年々、被害が大きくなってきています。樹勢の回復を見込み、刈り下げても、出た新芽をシカに食べられ、根をイノシシに掘り起こされ、逆に、お茶の樹が弱っていきます。

山間部で農業を行う場合は、どこも同じ状況かと思います。

茶畑全体を電柵で囲うとなると、費用は数十万では出来ず、数百万になってきます。

 

都市部近郊の平坦部で行う農業とは違う現状が目の前にあります。

それでも、

今この現状に合った、お茶の栽培方法、そして、この土地で無農薬で栽培するのに適した方法、

何よりも、

自分たちが楽しいと感じ、やり甲斐のある方法は、きっとあると思います。

 

来年から、新たにお茶畑を借り、耕作面積を増やします。

 

上手くいくかな?

宜しくお願い致します。

 

DSCN5388